地震が来た時に

皆さんは地震が来た瞬間の心構え出来ていますか?
来たらどう動くなど、
その数秒の心構えだけで生き残れる確率は少なからず上がると思います。


一般的によく、「地震が来たら机の下に潜りなさい」と小さいころから言われてますが、
阪神淡路大震災を経験し、
その他色んな震災のリアルタイムの映像や現地を自分の目で見てきて、
机の下で助かってるような映像を見たことがありません。
なので、いつも疑問に思っていたので調べてみました。


" 地震が来たら机の下に潜りなさい は 本当に安全か "


結論から言います。
机の下が一番良い。ことはないようです。

一般的に言われている、いや先生などにより教えられる机の下。
大きな震災時、建物が倒壊した時に机の下や車の中などに避難した場合、
ほとんどのケースで潰されてしまうそうです。

....実際の震災を見たままですね。

アメリカのハワイにある地震の時の対応マニュアルには、
机の下には潜らず、横に長く耐久性の高い、
ベッドやソファーの横に隠れるとを推奨しているようです。

" 横 "

これがキーワードのになりそうです。

これはイメージするとなるほどと納得できますね。

つまり、屋根などが落下した時、本棚とかカウンターで屋根が止まり、
横に三角の空間が出来るあそこのようですね。
その隙間に小さくなっていれば助かる確率も上がる。そういうことのようです。


小学校などで習う机などの下に潜る行為。
これは天井の蛍光灯などが割れた時のみには有効そうですね。
ただ、それだけでしょう。
建物が倒壊した時、本当に危ない地震の時には、そこではない方が良さそうです。
学校などでは他に身動きが取れないので、
そのままでいるよりかは安全なのかも知れませんね。

ただ、倒壊を考えた時に少しでも生存確率を上げる場合は、大きな家具、頑丈な家具、
車なら車の" 横 "の方が確率は上がりそうです。

ホテルやベッドの上で被災したなら、転がってベッドの下(横)に行く方が、
間違いなく安全ですね。


ちなみに、地震の場合、木造が最も助かる確率が高いみたいです。
木は柔軟性があるので揺れに強く、
上から落ちて来ても重量が他のコンクリートなどに比べるとまだ軽い。
逆にコンクリートの建物が倒壊した場合、
下敷きになったらほぼほぼ助からないのが現状のようでです。


あくまで " 横が安全 " ではなく、" 横の方が安全 " です。
実際倒壊に安全な場所なんてありません。
ありませんが1%でも生存確率が上がるなら、それに掛けたいですよね。

 

検索

検索にお使い下さい。

ページトップへ