地震に備える

先日の大阪北部を震源とする地震。

皆さまは何か地震対策はしていましたか?

 

地震はい来るかわからない為、常日頃から対策をしておくのが重要。

まず、安全な家具配置を考える。

避難経路となる通路やドア、窓の前に大きな家具などを置き、

いざというときに転倒などで退路を防がないレイアウトを意識する。

また、倒れてきた家具に家族や自らが挟まれてしまうのはもっての外なので、

寝室など待機時間が長い場所には背の高い家具を置かないなどを心がけましょう。

 

そして、レイアウトで交わしたからと言って転倒は避けるべきなので、

転倒防止用の突っ張り棒や、L字型金具などを利用して家具の転倒防止に努めましょう。

家具の下に敷く耐震マットや家具と床の間に差し込む固定用ストッパーなどもあります。

 


次に地震でよくある食器棚の中から飛び出て割れる食器たち。

ストッパーやフックなどを付け、扉が揺れで開かないように気を付けましょう。

もし扉がガラス製な場合、暴れた食器で割れてしまったり、

食器棚が倒れて割れて床にガラスが飛散。なんて二次災害を防ぐ為にも、

ガラス部分には、飛散防止対策もしててもやり過ぎではないと思います。

 

それでもどんな地震が来るかわかりません。

万が一食器やガラスが割れ、床に飛散した場合も想定して、

スリッパなどは近くに置いておくのがいいと思います。

窓ガラスなどはカーテン一枚あるだけでガラスが飛び散りにくく安全性は上がりますので、

夜は防犯も含め閉めるのが得策かも知れません。

 

もちろん、ライト類の準備もお忘れなく。

最近のスマホにはライトが付いていますが、いざというときバッテリーを節約したいので、

ライトは別に用意しておいた方が、より安全だと思います。

 

あと電気類のでは、ブレーカーの位置。戻し方は知っておいて損はないかと思います。

万が一ブレーカーが落ちただけの場合、戻し方わからないと電気は使えませんからね。

 

高いところに置いてしまっている重たい物。

これも揺れによって落下して来ると凶器に変わります。

なるべく普段から重たい物は低い位置にしまうようにしましょう。

意外と死角な照明類も落下や、蛍光灯が割れるかも知れません。

蛍光灯のガラスは刺さると大変危険なので、

できることなら落下防止のワイヤーなどを使う方がベターだと思います。

 

最悪なケースは考えておいた方がいいので、

火災が発生することも考えて、消火器の準備もしておきましょう。

今は昔の重苦しい消火器じゃなくても、

ペットボトルのような物を投げる消火グッズなど色々あります。

部屋の片隅、火の元などに置いておけば安心ですね。

このように対策をすれば切りがないのですが、

ちょっとしたことでも気にしておけば、

いざという時にやっててよかったと思えるのではないでしょうか。

 

備えあれあれば憂いなし。

今日から出来ること、してみませんか?

検索

検索にお使い下さい。

ページトップへ